糖尿病外来

糖尿病合併症を防ぐ

日本人は、欧米人と比較して、糖尿病になるリスクが高いと言われています。その原因として、体質の違いです。元来、日本人は農耕民族であり、植物系の食べ物を主として生活してきました。それが「和食」です。一方欧米人は、狩猟民族で動物系の食べ物を主としてきました。それが「洋食」です。日本人の体質は、カロリーの少ない「和食」に慣れた体質なので、栄養分に対する処理能力は弱いと言われています、しかし、近年 トヨタ カムリ AVV50 17インチ アルミホイール・タイヤセット 一台分(4本セット) LEONIS NAVIA 02 MGMC/GOODYEAR 215/55R17 カムリ 17インチアルミホイール・タイヤセット 215/55R17 17×7.0J 42【爆安セール中】 今日人気のトヨタ カムリ AVV50 17インチ アルミホイール・タイヤセット 一台分(4本セット) LEONIS NAVIA 02 MGMC/GOODYEAR 215/55R17 カムリ 17インチアルミホイール・タイヤセット 215/55R17 17×7.0J 42、「洋食」が日本人の食生活の当たり前のメニューになりつつあり、それが、日本人における糖尿病の爆発的な増加につながっているのです。
糖尿病は、血糖値が高くなる病気です。つまり、血液中の糖分を処理できなくなっているのです。血糖値が高いまま放置しておくと、全身の血管がむしばまれ、ボロボロになり、穴が開いたり、詰まったりした結果、様々な病気を引き起こすのです。それが糖尿病合併症です。これが一番怖いのです。そうなる前に治療することが重要です。

糖尿病外来の流れ

  1. まず、自分が、糖尿病になっているのかを調べるために トヨタ カムリ AVV50 17インチ アルミホイール・タイヤセット 一台分(4本セット) LEONIS NAVIA 02 MGMC/GOODYEAR 215/55R17 カムリ 17インチアルミホイール・タイヤセット 215/55R17 17×7.0J 42の最新アイテムを海外通販、血糖値とHbA1c(血糖値の平均点)を測定して、その結果で判定いたします。
  2. 糖尿病の判定が微妙な時は、糖負荷試験(サイダーを1本飲んでいただき、、その後30分ごとに血液検査(血糖値とインスリンというホルモン)をして、体の中に、大量に糖分が入り込んできた時に、どれだけ処理できるかによって判断いたします。
  3. 糖尿病と判定された場合、合併症がすでに発症していないかを検査いたします。(眼底検査、、腎臓機能検査、動脈硬化検査等)
  4. 合併症の状態によって 【人気新作】トヨタ カムリ AVV50 17インチ アルミホイール・タイヤセット 一台分(4本セット) LEONIS NAVIA 02 MGMC/GOODYEAR 215/55R17 カムリ 17インチアルミホイール・タイヤセット 215/55R17 17×7.0J 42、以下の糖尿病治療をご相談させていただきます。
  • 食事療法
  • 運動療法
  • 薬物内服療法
  • インスリン注射療法
  • インクレチン関連注射療法

糖尿病治療は長丁場ですので、治療内容について決して強制はいたしません。患者様とその都度ご相談しながら治療は進めます。

糖尿病と判断された場合でも 、普段から血糖値をコントロールすれば、何も怖いことはありません。放置することが怖いのです。

糖尿病は、早期発見・早期治療することにより、血糖コントロールがやりやすく、食事・運動療法だけでもうまくいくことが多いです。しかし、放置期間が長ければ長いほど、血糖コントロールは難しくなり、大量に薬を使わなくてはならなくなります。さらには、合併症を引き起こしてしまうのです。

糖尿病合併症とその検査

1)  網膜症

糖尿病3大合併症の一つです。目の奥にある網膜というところの血管が、つまったり破けたりして、最終的には大出血を起こし失明してしまうものです。前兆症状はなく、ある日突然失明したりすることもあり、定期的な検査が必要です。

<検査>眼科にて眼底検査を受けることをお勧めしますが、お忙しい方は、当院で、スクリーニング検査として、眼底カメラという目の奥を撮影する機械により、眼底の血管を検査します。

2)  腎症

糖尿病3大合併症の一つです。腎臓の血管が侵されてしまうものです。最終的には腎不全となり、人工透析をしなくてはならなくなります。前兆症状はありませんが、尿の精密検査で腎臓に影響がでているかを早期の段階で調べることができます。

<検査>アルブミンというタンパク質が尿にどれくらい漏れてきているかが、腎臓への影響を早期に判断する材料となります。

3)  神経障害

糖尿病3大合併症の一つです。神経細胞が侵されてしまうものです。手足のしびれや感覚異常等の症状が出現し、最終的には、感覚麻痺になり、足に釘が刺さっても気づかなくなり、そこから菌が入ったりすると、足が腐り切断を余儀なくされることもあります

<検査>アキレス腱の反射状況や、音叉(音の伝導試験)を利用し、神経障害の程度を調べます。

4)  大血管障害

3大合併症は、細い血管の障害ですが、太い血管である心臓や脳の血管も侵されます。最終的には、心筋梗塞、脳梗塞につながります。

<検査>全身太い血管の指標となる頸動脈を超音波検査で調べます。首にある頸動脈に、皮膚の上から超音波を当てることにより、テレビ画面に血管の断面図がきれいに写しだされて観察できます。現在の動脈硬化の度合いを映像で確認できます。

このような糖尿病合併症は、糖尿病を早期に発見し、血糖コントロールをしっかりすること、そして、定期的にきちっと合併症検査をすることにより防ぐことができます。ご心配な方は、 、、気軽にご相談下さい。